11月22日(日)秋晴れのモリコロパークにて、愛知19団ガールスカウト18名と、
もりのようちえん、たいよう幼稚園園児とその家族110名が、寒い冬に強いシラ
カシ、アラカシの苗木づくりを、またガールスカウトはクヌギ、コナラの種蒔き
をしました。
コロナ禍の中、全員がマスクをし、手の消毒、スコップの消毒、密を避けながら
できる限りの感染予防をして臨みました。
久しぶりの活動に参加し、自然の中で土を触り、苗木に触れ、親子で牛乳パック
の苗木づくりを楽しみました。
その牛乳パックの苗木は、各家庭で、コロナに負けない逞しい苗木に育ててくだ
さいね。

コメントをどうぞ

*