8月10日、 故郷に帰省する人達と同じ頃、宮城県岩沼市の千年希望の丘公園で
181名の犠牲者への追悼の森づくりに行ってきました。
岩沼市が特別に造成してくれた直径32mの円形マウンドに犠牲者を追悼する
181本の常緑照葉樹を中心に、周囲には福島県で採取した落葉広葉樹のクヌギ
と岩沼市で採取したコナラ582本を植えました。
地元民の希望でキノコや実を採取できる 海の見えるふれあいの森です。
この日は、岩沼市長 菊地啓夫氏が駆けつけ、鳳来東小学校の学童が育てた
ヤブツバキ4本ほか、30本の植樹をしていただきました。
今夏植樹したマウンドの他に、第2号マウンドの造成が決まり、2020年3月11日
の第9回追悼式を目指して完成させる予定です。
被災地にずーっと寄り添っていきます。

コメントをどうぞ

*